下関の製缶工業とは?そもそもどんなものを作っている?

製缶といえば、アルミ缶や一斗缶など製品を保管する容器をイメージします。
しかし、下関ではプラント配管などを手掛ける会社が配管に必要な設備などを製造しているケースが多く見られます。
今回は、配管関連などの製缶について、どのような製品がつくられているのかを解説しましょう。

下関では製缶加工というジャンルで製缶が盛ん

下関の製缶は、容器の製缶よりは冒頭のような目的の製缶加工が盛んです。
主に作られているものとして、産業用のダクト、工作機の架台・
フレーム・カバー、水槽などの貯蔵設備、地下タンクといったものです。
これらは、プラントなどで必要な設備も多く、製缶加工をしながらプラント配管を行っている企業も少なくありません。
共通する特徴として屋外に設置したり、高荷重がかかったりといった物で、まさにプラント設備に耐えられるものばかりです。

板金加工と製缶加工との違いは、サイズや材料

下関では、似た分野として板金加工があります。
この加工業との違いは、完成品のサイズや材料です。

まず、完成品のサイズは、製缶加工の方が大きなものを扱います。
例えば、板金加工は小型のものから建設鈑金のような屋根の部品などを手掛け、基本的に人が持てる程度のサイズのものがほとんどです。
一方製缶加工は、1メートルから10メートルなどプラントで設置するような巨大な貯水槽を製造するといった、とにかくサイズの大きなものがほとんどです。

材料は、板金加工がアルミなどの軽金属も扱うのに対し、基本的に製缶加工は、鉄材やステンレスがメインで軽金属は扱いません。
それは、先ほどのサイズになるとアルミでは製造が難しく強度が保てないといった背景があります。
また、板厚と呼ばれる材料の厚みも異なります。
一般的な板金加工は7mm以下の材料を利用することがほとんどですが、製缶加工の場合は、7mmを超える厚みのある金属板を使用することがほとんどです。
製缶加工は、機械の骨組みなど耐久性が必要な大型製品も多いため、耐久性が求められるからです。

溶接加工のメリットデメリットとは?千葉の溶接加工業者選びのコツについても解説!

千葉県内で最も盛んな産業は、製造業です。金属製電動ベッド、靴クリームなどの出荷金額は全国トップです。
ここでは千葉の溶接加工業者選びのコツについても解説します。

溶接加工のメリットとデメリットとは?溶接加工とは?千葉の溶接加工業者を選ぶ時のコツ

溶接業者を選ぶ時のコツは、以下の通りです。
・実績があるか?
依頼を検討している業者にWEBサイトがあれば、必ず実績があるかを確認してください。
溶接をお願いしたいジャンルの実績が多数あれば、安心して任せられるでしょう。
・納期は短いか?
遅い仕事は誰でもすると言われるように、いい会社ほど仕事もスピーディーであることが多いです。
また、急な依頼でも対応してもらえるかも確認しておくといいでしょう。
・出張対応は可能か??
溶接の仕事を依頼するには、基本的に工場へ製品を持ち込む必要があります。
しかし業者によっては、出張対応してもらえる場合があります。
長い目で見ると、お付き合いしやすいでしょう。
これらの点に気をつけて、溶接業者を選んでください。

京都でもできる!フィルムインサート成形の技術紹介!

樹脂に部品をつけて一緒に成形することで複雑な部品が作れるのがインサート成形です。
京都でもよく行われるこの技術ですが、京都ではその技術の1つであるフィルムインサート成形も行われています。

そもそもフィルムインサート成形とは?

フィルムインサート成形はIML(Insert Molding Laminate) と呼ばれる技術で、一言でいえば樹脂に印刷フィルムをつけてインサート成形を施す技術です。
印刷フィルムを使用することで表面上に装飾をくわえられます。
例えば、光沢や艶消し、パターン、柄といったものが自由に行えます。
このような技術が京都府内の企業で行われており、現在も多くの事業所で製造されているのです。

フィルムインサート成形のメリットとは?

京都ではフィルムインサート成形が行われていますが、メリットが多くある技術として受注も少なくありません。
そのメリットは、デザイン性、インモールド成形よりも加飾しやすい、多品種少量生産、環境への低負荷、形状自由度です。

フィルムを使用しているのでデザインの自由度が高く、デザイン性の高い製品が製造できます。
フィルムに印刷されたデザインを射出成形の金型内に挟み込んで射出するインモールド成形(IMD成形)に比べて深い場所も印刷できるため、より多くの製品に適用できる点もメリットです。

3つ目のメリットは多品種少量生産にむいていること、フィルムインサート成形は、多品種少量生産に対応できるため、オーダーに応じた製品展開もしやすいといえるでしょう。

4つ目は、塗装やめっきと異なり、多くの化学薬品を必要としない分環境負荷が少ないとされています。

最後が成形品の裏面形状の自由度や印刷合わせの位置精度が高く、高精度で自由な製品製造が可能です。

こういったメリットのあるフィルムインサート成形は、京都でも行われているので、是非検討してみましょう。

製品加工の種類!意外と身近で大切なもの

製品加工とは?

1つの物から加工を加えて別の物に作るのを「製品加工」と言います。思い浮かぶのは、工業製品がほとんどでしょう。スマホに使う部品の多くは、金属加工により生み出されたものです。非常に緻密な作業が強いられ大変難しいものですが、プロの技術により完璧に仕上げてくれるでしょう。
製品加工には、他にも色んな種類があります。どんな加工方法があるのか、どういった場面で使われているのかについても取り上げました。

金属加工とは?

最初に紹介するのは、金属加工です。伊勢崎にある金属加工業者のように、自動車部品のパーツになる部分を加工している所もあります。自動車はおよそ3万近いパーツで、作られています。分かりやすいのは、ボンネットやエンジンあたりでしょう。でも車に使われているネジやボルトも、大切な部品の1つ。ほんの少しでもズレが生じてしまうと、大事故に繋がりかねません。
でも金属加工を担当するのは、超ベテランの職人達です。彼等の技術力の高さは、海外における日本車の人気が全て証明しています。

樹脂加工とは?

樹脂加工も、一種の製品加工と言えるでしょう。要はプラスチックを匠に使い、製品をより使いやすくしたものです。樹脂加工がよく使われるのが、製造業でしょう。製造業を営むには、機械は絶対に欠かせません。機械を作るには金属などのパーツが、必要不可欠でしょう。機械の構造は大変複雑なもので、金属だけでどうにかなるものではありません。そこで樹脂の登場です。樹脂を間に置くことにより、絶縁体やクッションのような働きをします。
今回取り上げる製品加工の内、身近にあるのがビニール加工でしょう。腕章・バッグ・ビニールケースなどは、全てビニール加工によるものです。印刷でよく見かける「ラミネート加工」も、一種のビニール加工と言えるでしょう。

やり方は違えど目的は同じ

千葉市で樹木を伐採するなら?おすすめの業者

樹木の伐採でお困りですか?
うっそうとした庭や、邪魔な樹木。切りたいけどどこに依頼していいのかわからない。
そもそも伐採が可能なのかどうかもわからない…
このようなお悩みを抱えている人は少なくないのではないかと思います。
樹木を伐採したいときは現地調査から一括して業者に任せましょう。こちらでは千葉で樹木の伐採を検討するときのおすすめ業者や注意点をご説明します。

お庭の木を切るなら

自分の敷地内の木を切るなら誰にもお伺いを立てることなく自由に切ることができます。
この場合相談するのは「伐採専門業者」または「造園業者」です。
千葉には伐採を請け負う業者がたくさんあります。

①伐採110番
日本全国で伐採の依頼を受け付けています。
現地立ち合いなどの手間がかからず、一本からの作業でも可能という柔軟性が最大の売りです。作業し辛い場所でも対応してきた実績があるため、お困りの際は一度連絡をしてみては。現地調査、見積もりは無料です。

②伐採グループ千葉
お庭のお手入れを全て任せることのできるお庭管理の専門業者です。
個人の管理では大変な広範囲の草取り、高所の作業、周辺住宅に配慮した伐採、大木撤去、産廃処分、樋の枯れ葉掃除、伸びて越境した枝葉の処理などが全て対応可能です。
また、わかりやすい見積もりで追加の費用発生などがない点も人気の理由です。

③採園’s(サイエンス)
千葉県全域をサービスエリアとする地元企業です。高所の作業でも専門機器を活用し対応可能です。個人宅、公園などたくさんの実績があるので安心して任せることができます。
造園業も行っているので、庭の手入れを一括してお任せをしたい方にもおすすめです。

④アークグリーン
千葉県を中心に庭園管理や伐採を行っている千葉県勝浦市にある会社です。個人の住宅や別荘、企業の緑地管理など大小にかかわらず対応しています。伐採作業についても山林の伐採から庭木1本の伐採まで広く対応可能です。

道路にはみ出した植栽は危険

樹木や垣根が道路にはみ出していると、歩行者に接触したり標識やカーブミラーが見えなかったりすることがあるため危険です。
私有地の樹木の管理は個人に責任があります。事故が起きる前に剪定や伐採を行いましょう。
高くて手入れができない、庭が広くて手が回らないという方は業者に依頼しましょう。

神奈川県の金属加工が盛んな地域は?

神奈川県は京浜工業地帯の一角として、金属加工も盛んです。
金属加工といっても形を変えるもの、性質を変えるものなど様々な種類があります。
しかし、神奈川県ではそれらの分野の様々な金属加工のほとんどに対応している県でもあるのです。

神奈川県内の金属加工を行う地域はどこがあるのか

神奈川県内の金属加工を行う地域は、様々なです。
具体的な市町村を紹介していきましょう。
まず、市では県庁所在地の横浜市や政令指定都市の川崎市、相模原市などがあります。
相模原市は住宅地が多いイメージもありますが、金属加工が盛んです。
これら以外には、横須賀市、平塚市、藤沢市、小田原市、茅ケ崎市、三浦市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市、南足柄市、座間市、綾瀬市です。
鎌倉市は立地などが難しいため、小規模な金属加工を行う企業があるものの、工業団地を形成するほどの規模はありません。

町も金属加工を行っているところがあります。
二宮町や中井町、山北町です。
開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町などにはありません。

県央地域には、清川村があるものの、こちらにも工業団地はないため、規模の大きな工業団地はありません。

金属加工を行う神奈川の工業団地は?

金属加工を行う神奈川の工業団地は、主なものとして綾瀬工業団地、東八幡工業団地、田名工業団地などが知られています。
綾瀬工業団地は、綾瀬市にある工業団地で市内のさがみ野工業団地と共に金属加工をリードしています。
東八幡工業団地は、平塚市にある工業団地で、ここでも金属加工を行っている企業が多く入っています。
田名工業団地は相模原市にある工業団地で、ここでも盛んに金属加工が行われています。
金属加工というと川崎や横浜といった沿岸部のイメージがあります。
しかし、内陸部や郊外でも神奈川県では金属加工が盛んです。

プラント工事とは?

街にある工場を手掛けたのは?

街には家や商店だけでなく、工場の建物も見かけます。では工場を建設したのは、どこの会社でしょうか?真っ先に思い浮かぶのは、建設会社でしょう。もちろん間違いではありませんが、少し違います。
多くの方が考える建設会社は、家や商店・ビルの建設を担当している所と思われるでしょう。でも工場の場合は「プラント工事」で、建設されているのです。山口には、プラント工事を承っている業者がいくつかございます。

プラントとは?

先程も触れましたが、プラントとは工場設備一式を指します。家の場合は、住心地を重視して建設されるでしょう。家は生活の中心になるため、住む人を第一に考えられているのです。
工場の場合、余程のことがない限りは生活の中心になることはありません。あくまでも製品を製造するための場所になるので、専用設備などの設置が必要になります。どういう工場になるのかにもよりますが、ごみ焼却施設であればボイラー。焼却炉などが設置されるでしょう。

プラント工事とは?

プラント工事は、工場設備一式を建設する工事を言います。冒頭では建設業界が工事をおこなっていると述べましたが、承っているのは建設業界だけではありません。配管工事・設備工事・デッキなどの設置も、承っています。
プラント工事で重要視されるのは、工期でしょう。工事の最中に何が起こるのかは、神のみぞ知るです。しかし生産開始日に間に合わせるために、しっかりとした管理が求められます。万が一スケジュールに不備があったら、大損害間違いありません。

プラント工事の仕事は?

プラント管理には、数え切れないほどの仕事があります。スケジュール管理も重要ですが、同時に安全管理・品質・メンテンナンス・試運転も求められるのです。
工場によっては危険なものを取り扱う場合もございますので、安全は外せません。さらに土木設計やプロセス設計、ユーティリティ設計も承ることになるのです。無骨なイメージがあるプラント工事ですが、求められる仕事はかなり繊細。プラント工事を任せるのなら、プロ中のプロに任せましょう。

キッチンカーで広島お好み焼き

広島には、牡蠣やお好み焼きなどのおいしいものが多く、年間を通して雨が少なく穏やかな気候をしています。
そんな移動販売向きの広島で、キッチンカーの購入を考えているあなたへ、役立つ情報をお伝えします。

費用

一般に店をつくるとなると、だいたい1千万以上かかると言われています。
しかし、キッチンカーであれば、だいたい約300万程度からつくれると言われています。
そのため、キッチンカーで出店したほうが、大幅に少ない費用で出店できるのです。

出店場所

広島での出店場所はだいたいこんな感じです。
●River Do! 川辺にきん祭
広島県に流れる太田川。
太田川や川岸を使ったコンサートやマルシェ、リバーサイドランニングやサイクリングなど様々なイベントが行われます。
●車輪村
車輪村は広島県神石高原町で行われる、車とバイクのイベントです。
貴重な車やバイクの展示・デモ走行、スーパーカーの展示、車やバイクの試乗やグッズの販売などがあります。
●キッチンカーマルシェ
広島県内ではショッピングモールや道の駅、総合公園などでキッチンカーマルシェが開催されています。

キッチンカー制作会社

●オートプラン (株式会社 宮内スズキ)
広島県廿日市市にあるオートプランです。
軽トラボックスは本体ベースで100万円から、と格安キッチンカーを制作してくれる会社です。
●中国自動車工業株式会社
中国自動車工業は、特殊車両専用の工場を完備し、
板金塗装・架装・架修・整備・車検・保険・中古車両販売まで扱う製造会社です。
個人から、車両メーカー等の大口の発注まで多数の受注実績があり、移動販売車、キッチンカーの製作もしてます。
●フードトラックカンパニー
フードトラックカンパニーでも広島県内にキッチンカーを納車してます。
また、キッチンカー製作の専門会社なので、手続きや経営戦略など細やかな対応が可能です。

以上、広島のキッチンカーでの移動販売のまとめでした。
今の時代、気軽に外食できなくなっているからこそ、キッチンカーのような販売方法の需要が増えます。
少ない費用で自分だけのお店を持てるこの機会に、移動販売を始めてみては、どうですか。

産業機械を導入

自動車工場、食品工場、化粧品工場など様々な製造工場は全て機械化されています。

かつては人の手で行われていた作業も、産業用ロボットがその代わりを果たし、生産工場からは人の姿がどんどん少なくなってきています。

このようなオートメーション化された工場は、産業機械の組み合わせで成り立っています。

産業機械の設計

工場のラインを新規で作製するときには、設計から始めることになります。

大分で産業機械を取り扱っている会社では、業種を問わず設備計画をサポートしています。

用途やどのような流れにしたいかなどの要望や、導入計画をヒアリングし、設計担当者が形にして行くことから始まります。

様々な業界を経験していることから、セオリーにとらわれず、ベストな提案ができるのです。

構想設計、基本設計、 詳細設計と段階を進めていく中で、性能やコストについて確認をし、最終決定された設計に基づき、組み立てを行います。

メンテナンスも重要

工場の製造ラインでトラブルがあり、一度止まってしまうと再開するまでに大きな損失を与えかねません。

そのようなトラブルが起きないようにメンテナンスが必要です。

産業用機器を導入するときには、設計・施工からメンテナンスまで、安心して任せられる会社に依頼することが大切ですね。