経験不問!愛媛で土木作業員になる方法

愛媛県は年間を通して穏やかな気候に恵まれています。
海と山々の美しい景観のなか、落ち着いて暮らすことが出来るのが魅力です。
地方にも関わらず、外からの人を温かく迎える文化が根付いているのもポイント。
仕事としては経験不問の土木作業員求人が豊富なので、誰でも移住しやすいまちと言えます。
今回は愛媛県に住みたい方へ、土木職の魅力や会社選びのコツを紹介していきます。

土木作業員は仕事に困らない

土木作業員とは、公共工事や建造物の建設現場で働く人を指します。
最大のメリットは学歴が関係なく、未経験でも就職しやすいこと。
工事によって住民の生活環境が改善するため、人々の生活になくてはならない仕事です。
細々とした事務仕事や、ノルマのある営業もありません。
体力に自信がある方には適した仕事と言えます。
外での作業があるのできついこともありますが、長年務めると現場監督として重宝されます。
また資格取得によってスキルアップを狙うことも出来ます。
なかでも測量士を補助する「測量士補」は、合格率35.8%とやや高め。
土木作業員から測量士を目指す人に狙いやすい資格です。

愛媛県の求人数と収入は?

愛媛県における建設業の求人数は、令和5年4月で3000件ほどあります。
求人倍率は6.12倍と、1人に対して6件以上の募集があるため就職は容易でしょう。
そして愛媛県で働く土木作業員の平均給与は、日給12,000円ほどあります。
週2日休むとしても、26万円以上稼ぐことになりますね。
全国的に見ても家賃が安いので、生活コストを抑えながら豊かな生活が出来ます。

自分を大切に!会社を慎重に吟味しましょう

土木作業員は仕事につきやすいですが、会社選びは慎重に行ってください。
一般に会社の規模が大きいほど、福利厚生や待遇が良いです。
「完成工事高」や「行政の格付けランク」、「経営審査事項結果」などを確認してみましょう。
また、現場の下見をすることで職場の雰囲気を把握することが出来ます。
志望の土木会社の現場や会社を見にいき、多くの情報を仕入れると良いです。
出来るだけ複数の会社を比較検討して、1番良いものを選びましょう。

徳島のアスベスト建物の特徴と識別方法とは?

徳島県は四国地方に位置し、美しい自然環境や瀬戸内海に面した地域が特徴です。
藍染めや阿波踊りなど伝統的な文化も根付いており、観光名所として訪れる人々に楽しみを提供しています。
一方で、アスベストの使用に関しても注目が集まっています。
過去の建築物や工業製品にアスベストが使用されており、取り扱いには慎重さが求められます。
現在、アスベストの除去や管理が進行中で、建物や施設の安全性向上が図られています。
特にアスベストの使用に注意が必要な工業地域などでの対策が進められています。
徳島県は美しい自然と文化とともに、安全な環境づくりにも取り組んでいます。

徳島でアスベストが使われている建物を見分けるには?

徳島でアスベストが使用されている建物を見分けるには、いくつかのポイントがあります。
まず、アスベストが主に過去の建築物に使用されていることを考慮すると、古い建物に注意が必要です。
以下は見分ける際のポイントです。
1. 建設年代
1970年代以前に建てられた建物はアスベストの使用が一般的でした。
特に昭和30年代から70年代にかけての建物がリスクが高いです。
2. 外壁や屋根
アスベストセメント板は外壁や屋根に使用されることが多かったため、これらの部分にアスベストが含まれる可能性があります。
3. 施設の種類
産業施設や工場、学校、公共施設など、アスベスト使用のリスクが高い建物があります。
建物の用途を確認することが重要です。
4. 無害化措置
アスベストを含む建物の所有者は、無害化措置を施すことが義務付けられている場合があります。
無害化措置が施されているかどうかを確認することで、リスクを評価できます。
アスベストが使用されている可能性がある場合、専門家の助言を受け、適切な措置を取ることが重要です。

アスベストが人体に与える影響とは?予防はできる?

アスベストは微細な繊維であり、吸引すると肺に深刻な影響を及ぼすことが知られています。
長期的なアスベスト曝露は肺がん、中皮腫(悪性中皮腫)、石綿肺などの健康問題を引き起こすリスクが高まります。
これらの疾患は症状が現れるまでに時間がかかり、治療が難しいことがあります。
予防は可能で、アスベストに曝露されないことが最善の方法です。
アスベストを取り扱う場合は適切な安全装置を使用し、専門的なトレーニングを受けることが重要です。
古い建物や施設の改修や除去作業では専門業者を利用し、適切な除去手順を守ることが予防策の一環です。
アスベストのリスクを最小限にするために、注意深く対処することが必要です。

アスベストのレベル1~3の違いとは?

アスベストのレベルは、アスベスト含有物質の量や種類に基づいて定められます。
レベル1から3までが一般的で、それぞれ異なるリスクと取り扱い要件があります。
1. レベル1: 低リスク
レベル1のアスベストは、含有率が非常に低く、一般的な建材に使用されたものです。
一般的に安全で、特別な除去手順は必要ありません。
2. レベル2: 中程度のリスク
レベル2のアスベストは、中程度の含有率を持つ建材に見られます。
適切な除去手順が必要で、訓練を受けた専門業者が作業を行う必要があります。
3. レベル3: 高リスク
レベル3のアスベストは、高含有率の建材に存在し、大きな健康リスクを伴います。
特別な取り扱いと除去が必要で、専門家による処理が不可欠です。
アスベストのレベルは、建物や施設の安全性の評価に役立ち、適切な措置を取るための指針を提供します。

香川県で解体業を始めたい!届出などの必要な手続きについて解説

香川県内には解体業者が約800件あり、解体業でも有名な大手の大林組、鹿島建設などが四国支店を置くなど発展を続けています。県の特徴として、災害が少ないことや本州へのアクセスの良さも解体業の拠点として選ばれる理由かもしれませんね。
今回は、そんな香川県で解体業を行うための登録手続きについてご紹介します。

解体業とはどのような仕事なのか?

まずは解体業の仕事について解説します。解体業は建設工事の一部に位置づけられており、家屋や建物を取り壊す工事のことを指します。その業務を請け負う業者が解体工事業者です。
解体業を行うのに必要な資格はありませんが、現場での作業内容(重機を扱うなど)に応じて資格を取得することもあるでしょう。また、事業者の技術管理者には、建築士や土木施工管理技士などの資格を持った人を選任する必要があります。

香川県で解体業を行うには事業者の登録手続きが必要

解体業を行うためには、まず施工場所の都道府県に申請して登録を受ける必要があります。
香川県では、申請書類として解体工事業登録申請書、誓約書、解体工事登録申請者の調書、登記簿謄本が必要です。また、技術管理者が資格基準に該当しているかを証明する書類も、あわせて提出します。
登録手数料は香川県証紙で支払いますが、新規と更新で料金が変わるので注意してください。受理されれば業務を行うことが可能となり、登録後は5年ごとの更新となります。
提出先は県内の管轄事務所ですが、主たる営業所が県外にある場合は香川県庁の土木管理課となります。

解体業を始めるには都道府県への事業者登録が必須

建物の解体業には必ず廃材や廃棄物が発生しますが、それらが不正に廃棄されてしまうのは問題です。リサイクル分別や適切な処理・廃棄を確実に行うために、解体事業者は都道府県への登録を受けなければならないのです。これから解体業を始める方は、不備のないように登録手続きをしておきましょう。

神奈川県で運営されている測量設計業とはどんな業務なの?

神奈川県では様々な場所で測量が行われています。
かつては職人的に作業が進められていましたが、現在は測量設計業の業界にいる専門職が主に業務を担っています。
そこで今回は、測量計測業とはどのような業務なのかについて解説しましょう。

神奈川県のどんな場所で測量が活躍しているの?

神奈川県でも多くの場所で測量が行われています。
主な目的として用いられているのは、次の内容です。

・地図の測量
・建設や維持管理の測量図面
・土地の測量

まず、地図の測量では、ロードマップや住宅地図、カーナビの電子地図などの測量を行っています。
これによって正確な地図の作成が可能となります。

次に神奈川で施工される建設やその後の維持管理でも測量は活躍します。
測量を行い、それによって図面を作成し、図面をもとに建設や維持管理に必要な情報を収集し、実際の工事を施工するのです。

神奈川にある土地の測量も重要な役割です。
土地の取得や授受などの手続きをする際に測量された情報が求められます。
その情報を得るために測量が行われます。

このようにして神奈川では様々な場面で測量が活躍しているのです。

神奈川で行われる公共測量とは

神奈川では公共測量と呼ばれる測量が行われることがあります。
これは、簡単に言えば、行政が指定した測量のことです。
場合によっては国や公共団体が費用を負担していたり、補助していたりといったこともあります。

このように行政の要請によって行われるのが公共測量ですが、同じ行政が行う測量でも公共測量でないものがあります。
それは、基本測量です。
基本測量とは、同じく政府の機関である国土地理院が行う測量です。
費用を国土地理院が出して行う測量ですが、公共測量とは別のものとして扱っています。
公共測量よりも、より精密な測量を行っているもので、言い換えればそこまで精密な測量を要しないものは公共測量といえるでしょう。

このように神奈川県で行われる測量は、行政自らが測量を行うものもあり、重要な作業なのです。

建設現場のタワークレーンどうやって組み立てるの?所要時間も

ビルなど高層建物の建設現場で見かけるタワークレーン。
天井から着き出るように見えるタワークレーンをどうやって組み立てるのか気になったことはありませんか?
今回は、そんな高層ビルなどの建設に欠かせないタワークレーンの組み立て方や所要時間、組み立ての秘話などもお伝えします。

タワークレーンとは?

タワークレーンとは、ビルなど高層の建物の建設で使われる、上のから覗いているクレーンです。
正式名称「クライミングクレーン」と言い、今や日本のビル建築には欠かせません。
大きな機体とは裏腹にとても繊細な機体。
工程を一つでも間違えたら大惨事になりかねないので、必ず「タワークレーン技術指導員」という専門家たちが組み立てやクライミング方法、タワークレーンの運転方法などの指導を全て行います。
建物の鉄骨を利用して、タワークレーンのベースからクライミングさせてあげていく「フロアクライミング」という方法と、建物の外側からクレーンを組み立てベースはそのままにマスト(上に上がっていく部分)を継ぎ足していく「マストクライミング」という2つの組み立て方法がああります。

組み立てに必要な所要時間は?

何百トンもの資材を持ち上げるような大型クレーンだと、組み立てだけに1~2週間程度の完成期間を要します。

組み立てには、まずは地面となるところにベース架台と底部のマストを立てます。
その後その上に、2段目のマスト、昇降装置、旋回フレームなどを付けます。
更にその後、巻き上げ装置、ジブワイパーロープなどを設置します。こうしてマストクライミング装置は組み立てが終わります。
フロアクライミングの場合は、そこからまた階層の骨組みが出来上がるにつれて、最上階に昇降クレーンを固定して、ベースを上げていく作業が必要となります。

タワークレーン組み立ての秘密

タワークレーンですが、運転士はどうやって運転席まで登ると思いますか?
タワークレーンを支える支柱部分のマストですが、この中には実は運転室まで登れる梯子があるのです。
運転士は毎朝この梯子を上って運転席まで向かいます。
1日快適に過ごせるよう、運転席には実はトイレや冷蔵庫まで完備されています。

型枠大工とはどんな仕事?不足する大工に対する長野県の会社の取り組みもご紹介

家や建物を建設する職人である「大工」。
そんな大工の中でもたくさんの種類があるのをご存じでしたでしょうか。
今回はその中でも長野の型枠大工についてお伝えします。
また、不足する大工に働きやすい環境づくりをしている長野県の取り組みについてもご紹介します。

型枠大工とはどのような仕事?

「型枠大工」というのは、建設現場での職人の中でも土台となるコンクリート部分の型枠工事を行う大工職人です。
一般的に大工と言うと、カンナで柱を削って作ったり、取りつけたりする仕事を思いつくでしょう。
型枠大工はそのような作業は一切せず、コンクリートを流し込む型枠工事の作業を行います。
木続建物の土台や鉄骨のビル建物の他にも、トンネルや橋・高速道路・ダムなど公の施設のコンクリート工事も行います。
先ほど、一般的な大工の行う柱などを削る作業は無いと言いましたが、型枠大工にも削り出しの作業があります。
それは、コンクリートを流し込む型枠となるベニヤ板を削る作業です。
またその型枠の組み立て・解体も型枠大工の仕事です。
コンクリート流し込みの後も、叩き作業という隙間が無いかチェックする作業やコンクリートが固まるまでの養生もします。

型枠大工はどんな人に向いているか?

型枠大工はコンクリート建設に特化した職人です。
なので、宮大工よりも狭い分野に特化しているため専門的になります。たくさんのことを覚えるのは苦手で一つのことを極めたいという人には向いているでしょう。
また、二人一組で作業を行うことが多いため、コミュニケーションを取りながら仕事を進めていくのが苦ではない人が向いています。
型枠を運ぶ他にも叩き作業などで、特に腕の力を使うので体力に自信がある方が向いています。

働きやすい職場づくりにする長野県の取り組み

そんな型枠大工ですが、ペアになった人との関りや派閥などがあると働きにくくなってしまいますね。
長野県の型枠業者の取り組みとして、職人同士の派閥を無くし円滑なコミュニケーションを取るために、新年会・納会はもちろん社内旅行や納涼会(夏祭り)イベントなどを社内で行っている会社も数多くあります。
特に納涼会など地域の方とも協力してできるのは、その地域ならではなのかもしれません。

DIYで手掛けるセルフ改装工事

DIYが得意だから改装工事もセルフで

DIYが得意な人であれば、ご自分で改装工事するのもありです。実際にDIYでのリノベーションに着手している方も少なくなく、中にはSNSでDIY改装工事の様子を公開している方も多いです。検索を少しかけるだけでも、かなりの数がヒットするでしょう。
ただ実行するとなると、かなり大変です。とはいえ業者を使うとなると、金銭面で気がひける方もいらっしゃるでしょう。そこでおすすめしたいのが、ダブルでの利用です。

簡単な工事ならセルフでも可能

壁紙の張替えや塗り直し、器用な方ならばフローリングの重ね張りであれば、DIYで対応できるでしょう。材料は色々とありますが、中には100均で入手できるものも少なくありません。
例えば備え付けの棚。ちょっとした棚であれば、DIY初心者も手軽にできます。材料はホームセンターに全て揃い済み。なお工具もホームセンターに売っていますので、手元になければついでに揃えておいてもいいでしょう。簡単な備え付け棚であれば、棚受けを壁に貼り付けて上に棚板を添え付けて完成です。1万円~2万円の予算で、かなり豪華な棚に仕上がるでしょう。

難しい部分もある

しかし電気・ガス・水道設備の工事の場合、特別な資格がない人が手掛けるのは法律的に禁じられています。資格を持っている人が手掛けるのならば、何の問題もございません。ただ資格がない素人が手掛けるとなると、失敗のリスクは高くなります。奇跡的に失敗なく改装工事が済んだとしても、作業時間が膨大にかかるでしょう。
他に仕事を抱えたままでセルフ改装工事を手掛けるとなると、大変という言葉では片付きません。

業者に頼もう

セルフ改装工事で難しい部分は、業者に頼むのがベスト。業者はプロ中のプロなので、難しい部分の工事もらくらく。御本人ではなく業者に頼みますので、変に時間が取られることはありません。
ネックになるのは、費用でしょう。費用についてはどの部分をどう改装工事するかにより変わりますが、安くはありません。埼玉の改装工事業者に見積もりを出してもらいしっかりと検討して、決めるようにして下さい。

測量のやり方!

意外と古くからある測量技術

測量そのものは、大昔から存在していました。諸説はあるものの、紀元前3000年の頃からすでに確立されていたようです。ナイル川の氾濫により区画がわからなくなるため、測量により調整していたという話もあるほど。紀元前とはいえ、技術は想像以上に進んでいたことがわかります。
最近は二次元データで測量を進めていましたが、最近は三次元データの測量である「三次元測量」も対応可能になりました。前橋でも三次元測量が行われています。数千年以上の時を経て、測量は違う世界へと歩んでいるのかもしれません。

そもそも測量とは?

測量は、物のサイズを測る作業を言います。分かりやすい例で言えば地図の作成でしょう。一昔前、地図は測量の担当だったのです。現地へ赴いて、土地の形と建物の位置を調査。調査結果をデータに起こして、地図を完成させたのです。
有名なところで言えば、江戸時代に描かれた日本地図でしょう。当時飛行機もなければ衛星も飛んでいない時代。実際に歩いて測量をし、日本地図を完成させたのです。仕上がった地図は、現在の日本地図とほとんど変わりません。

レーザーを使って測量

現在は、さすがに歩いての測量はおこなっていません。二次元測量ならまだしも、三次元測量となると大変どころの騒ぎでは済まされないでしょう。正確に距離を測るには、立ち入り禁止の場所にも入り込む必要があります。
そこで登場したのが、レーザースキャナーです。レーザーを照射することにより、対象物の位置を把握。地上からの測量だけでなく、上空からも測量できるようになったのです。

ドローンを使って

さらに最近では、ドローンを使った「UAVレーザー」を使った測量も進められています。前橋にある赤城山を測量するとします。狭い場所ならばレーザースキャナーで事足りますが、赤城山全体の測量となると大変どころでは済まされません。
でもドローンを使って測量をすれば、負担は大きく減少するでしょう。ドローンの測量は出てきたばかりで、課題も山積みです。でも技術が進めば、測量用のドローンが飛ぶ姿は、珍しくなくなるかもしれません。

外構工事は値段の安いところが良いのかどうか?

外構工事にかかるお値段はピンキリ

家の外観を変えるため、または防犯のため。外構工事を検討している方も多いでしょう。しかし名古屋だけでも数多の業者があり、どこに頼めば良いのかわからなくなります。とりあえずは値段の安い所へと行きたいところですが、値段の安さだけで選ぶのは危険な行為。おすすめはできません。
とはいえ、ハッキリとした基準を定めるのも難しいものがあります。そこで手がかりになるのが、過去の事例集。名古屋エリアを中心に、外構工事にかかるお値段について調査してみました。

10万円の外構工事

最初に紹介するのは、コンクリートの穴あけ工事です。コア抜き工事とも呼ばれています。お値段10万円ほどで、今回確認できた外構工事で最も安い値段になりました。場所は駐輪場になります。コンクリートの穴あけ工事の目的は、水はけを良くするため。水はけを良くする工事には、水勾配や配管の設置等があります。
外周のフェンス設置も、10万円ぐらいでできるでしょう。ただしフェンスの種類によって、値段は大きく変わります。10万円の価格は、あくまでも目安。境界のためのフェンス設置であれば、安い値段でできるでしょう。

500万円の外構工事

新築外構一式での工事になると、500万円は覚悟しておいたほうが良いでしょう。高く思われるでしょうが、平均的な値段です。
実際の施工では、門は重厚な造りに。おとぎ話の中のお城みたいに、立派なものになりました。当然アプローチ部分も豪華なもの。変に飾るではなく、上質な雰囲気を醸し出したデザインになっています。他にもテラス屋根・フェンス・塀も設置しております。

見積もりを出してもらおう!

外構工事をおこなう際に、事前に見積もりがされるはずです。見積もりの内容をしっかりと確認。もし値段と内容が合っていないと感じた場合、業者に説明を求めましょう。説明が納得できるものなら、大丈夫かと思われます。
ただ納得ができず腑に落ちない場合は、他の業者に見積もりを出すのがベスト。他の業者と比べたら、見積額が正当なものかどうか分かるでしょう。

高い技術が求められる鳶工事

3つの鳶工事

鳶工事は、大昔から既に存在していたと言われています。江戸時代に入ると、冠婚葬祭や祭りをも担っていました。歴史はかなり古いです。
現在の鳶工事は、主に足場鳶・鉄骨鳶・重量鳶の3つに分類されています。江東区にある鳶工事の会社では足場鳶、港区にある会社であれば鉄骨鳶というように、会社によって取り扱っている分野は大きく変わるのです。「建設は鳶に始まり鳶に終わる」というように、建築の仕事において鳶は重要な仕事。もう少し深く掘り下げてみましょう。

重量鳶は重すぎるものを運ぶ

まずは重量鳶。大型の機械や設備を持ち運ぶのが、重量鳶の仕事です。クレーンを使っての作業になりますので、レベルの高い技術が求められます。足場鳶や鉄骨鳶もトン単位の重量を持つ資材を運び入れますが、重量鳶が取り扱うのはもっと大きいもの。場合によっては、数百トン近い物を運ぶこともあります。
取り扱っている物が物だけに、些細なミスが大事故になりかねません。繊細な技術が求められる仕事ですので、機械任せというわけにもいかないのです。

チームで動く鉄骨鳶

次に、鉄骨鳶です。繁華街でのビル建設工事で、見かけたことがあるかと存じます。鉄骨鳶とは、鉄骨鉄筋コンクリートを扱う職人のこと。職人は2グループに分けられ、1グループは地上で資材にワイヤーをくくりつける「玉掛け職人」。もう1グループは、高所で資材を受け取って組立作業をする「取り付け職人」です。
鉄骨鳶の仕事も危険なもので、些細なミスが大事故に繋がりかねません。高所での作業が多くなりますので、安全が何よりも求められる仕事です。

命を守る足場鳶

そして足場鳶です。足場鳶は、工事を担当する職人の命を守るための仕事になります。鳶の仕事は危険と隣合わせ。実際に事故も起きています。
そこで足場鳶の出番。現場の状況をしっかり確認した上で、より安全な方法を取って足場を組み立てます。足場と言えば屋外の組み立てを思い浮かぶでしょうが、屋内で足場を組むこともあります。現場の状況を見て、周囲にも影響が出ずに適切な足場が組めるのがプロです。