酵素風呂に入って体がポカポカ

以前、「鳥取県にオープンした酵素風呂に入れるお店に予約するけど、一緒に行ってみる?」と言われた友人の車で、ある休日鳥取県に行きました。

早朝に出発した自宅から、途中サービスエリアで休憩を取りながら、鳥取まで2~3時間ほど高速道路を走り、お昼前に予約したお店に到着したあと、友人と酵素風呂に入ってみました。

ヒノキのおがくずや米ぬかなどの有機物を発酵させた発酵熱で体を温める酵素風呂の特長は、自然発酵の熱に全身がじっくり包まれ体の負担が少ないうえ、芯から温まることです。

米ぬかセラミドや、ビタミンE、γ-オリザノールなどが多く含まれている米ぬかは、古い角質を落としターンオーバーを促進する美肌効果があります。

胃腸系の便秘改善や整腸効果、皮膚系の肌荒れ解消やアトピー性皮膚炎、花粉症の改善のほか、血液系の血液サラサラや血糖値低下など、米ぬかは多くの栄養成分が含まれています。

リハビリの効果が増す

酵素風呂に入った誰もが口を揃えて言っていたとおり、体の芯まで温まりました。

病気やケガのあと、酵素風呂に入り体の芯まで温まったあとリハビリすると、動かし難かった部分が柔らかくなり、より一層効果が増します。

体温を上げ免疫力を高める

よく「高い、低い」と言う平熱の基準が35.8~36.2℃前後とされている中、運動不足や食生活が原因なのか、35℃台の私は体温が低めです。

体温が1℃異なるだけで、免疫力が30%も下がったり、5~6倍も上がったりします。

体温を上げ、免疫力を上げるために重要なのは、お風呂に入り湯船に浸かり、体の芯から温まることです。

汗がプツプツ出てくると体が温まった目安とされ、40℃のお湯に10~15分、42℃のお湯に5~6分ほど浸かります。

体を冷やすために出る汗は、体が芯から温まった証拠です。

15分ほど入っただけで、2時間ほどの有酸素運動と同じ程度のカロリーが消費されます。

その結果、血流が改善され新陳代謝が活発になります。

血液がサラサラになり新陳代謝が改善され体温が上がる

サラサラ流れる健康な血液は、赤血球が栄養や酸素、免疫物質などを全身に運ぶ一方、血行が悪く、末梢まで行き渡らないドロドロの血液は、肩こりや腰痛などをもたらします。

さらに、冷え性のほか、脳梗塞や心筋梗塞などの生活習慣病を引き起こす原因になります。

体の老廃物を出し、サラサラの健康な血液にするには、汗をかくことです。

酵素風呂に入った私が驚いたのは、汗をかいたにもかかわらず、ほとんど喉が渇かなかったことでした。

驚き不思議に思った私が調べえてみると、酵素風呂に入ると出る汗の成分が水分ではなく、体に不要な血液中の老廃物であり、通常の汗の7倍も出ることがわかりました。

汗をかき血液がサラサラになると、新陳代謝が改善され体温が上がります。

熱に弱いがん細胞の増殖に効果あり

がん細胞が好む環境は、低温と低酸素、酸性傾向にある血液とされ、血流が悪い、免疫力が低下する低体温の状態は、がん細胞が増殖してしまう原因になります。

熱に弱いがん細胞は、低体温の35℃台で活発に増殖し、39℃台で死滅するとされている中、酵素風呂の設定温度は50~70℃です。

おがくずや米ぬかなどで体全体が覆われるものの、水のように全部の皮膚が覆われるわけではない酵素風呂は、間接的に熱を感じるため、高温でも快適に入れます。

まとめ

友人に誘われ初めて酵素風呂に入ってみた私は、肌もスベスベになったうえ、汗もたくさんかき、体もポカポカになりました。

体の全ての老廃物が出たように感じ、よいことづくめだった私は、改めて米ぬかのよさを実感させられました。

通える範囲内に酵素風呂の施設があれば、生活習慣に取り入れたいほど気に入りました。

そんな酵素風呂に入ると、たくさんかく汗によってミネラルが排出されます。

そのため、酵素風呂に入る前後に注意したいことは、水分と塩分を摂取することです。

酵素が入った入浴剤があることを知りました。

残り湯が洗濯に使える家庭に優しい入浴剤で、自宅でも酵素風呂に入った気分を味わいたいものです。

筋トレこそビジネスの基本

筋トレというとアスリートをイメージするかもしれませんが、今やビジネスパーソンにもマストな所作です。

身体がしまりスーツが似合い、印象を良くします。

また、面倒な仕事にも取り組め、新しい発想が生まれるなど精神にもいい影響を及ぼします。

ここでは筋トレすることでどのような効果があるかを説明していきます。

筋トレは印象をよくする

ものすごく簡単な話をします。

下っ腹が出てたるんだ身体と、逆三角形で引き締まった肉体、どちらが印象としていいでしょう。

スーツの着こなしは人の印象を大きく左右しますし、「できる」という印象を与えることができます。

ビジネスは1人ではできません。

同僚はもちろん、取引先が存在します。

そういった相手に対する第一印象をとてもよくする効果が期待できます。

筋トレは面倒くさいがなくなる

仕事の中で「面倒くさいなぁ」と感じることは多々あります。

しかしながら、筋トレをすることで身体自体はよく動きますので、面倒くさいと思いつつも身体が自然に動き、面倒くさい業務をこなすことができます。

スマホをいじる行為にしても、目や指の筋肉を使っていることには違いないのです。

また、筋肉は免疫力を高めるために、疲労の回復が早く、病気や怪我をしなくなるため継続して仕事をすることができます。

筋トレは自信をつける

筋トレの最終目標は自信に限ります。

筋トレは見た目をよくし、面倒な業務を乗り越えることができます。

その先に待っているのは、仕事の効率化であり業務成績の向上です。

周囲に対する影響力も大きくなり、それがやがて自信へと繋がります。

更には自信がつくと新しいことにチャレンジする意欲が湧き、それまで思いもしなかった新しい発想が浮かぶかもしれません。

つまり、肉体と精神を直結しているのです。

筋トレは資格と同じで、どれほどやっても後悔のないノーリスクハイリターンの自己投資なのです。

まとめ

筋トレというと、どうしてもアスリートといったイメージがあるかもしれませんが、今ではプロテインなどもコンビニで売っている常用飲料であり、普段の生活のなかで健康を維持するためにも筋肉が役立っています。

仕事をしているときでもひとつ上(下)の階に行くのに、わざわざエレベーターを使ったりしませんか? 筋トレをすることで、階段の上り下りが筋トレになり、一つ一つの行動に意味を見出すことができるようになります。

自分で筋トレの管理ができないならば、ジムに通うのもいいと思います。

ジムの費用は浪費ではなく、間違いなく自己投資です。

均整の取れた肉体にデメリットはないばかりか、仕事でも生活でもあらゆるシーンで自分に自信をつけてくれる、今やビジネスパーソンにとってマストなルーティーンワークなのです。

松江のピアススタジオでよくあるトラブルと対処方法について

よくあるトラブルには

ピアスは身体に針を入れます。
松江のピアススタジオで身体に針を入れると、傷口に感染するリスクがあります。
自分で空けるときにも起こりやすいです。
消毒が不十分であることや、アフターケアを怠りやすいからです。
友人や知人に行ってもらうのも同様です。
誤った方法で行って傷口から菌が入り、全身に回ってしまい命にかかわる重大なケースも発生しています。
正しい方法で安全に行うこと、アフターケアを怠らないことが大切です。
トラブルには、かぶれやかゆみが生じることがあります。
金属アレルギーが現れるケースもよくあります。
なくてもピアスの素材によって金属アレルギーが生じることがあります。
ピアスが身体に埋まってしまったり、外れてしまったりすることもあります。
ピアスの大きさや形状などが、身体に合っていないことが原因です。
ピアスが食い込んで、肉芽ができてしまうと手術でないと取れなくなります。
トラブルを知っておくことで、事前に避けることもできるのです。

トラブルの対処方法は

ピアスを開ける際には医療機関で行ってください。
皮膚科や形成外科で行えます。
松江のピアススタジオ医療機関では、施術後のアフターケアも対応してくれます。
ピアス空けるのは自由診療ですが、トラブルの治療は保険適応です。
何より安全で衛生的に行えます。
医療のプロなので、身体に関する知識や技術を持ち合わせているからです。
まずはピアスを開けた後は、触らないことです。
毎日洗浄する必要があり、面倒がりの人にはピアスを空けること自体難しいでしょう。
ピアスの素材や重さや大きさが合っているかどうかです。
ピアスを外さなければならない時もあります。
ピアスをはずす機会があることが想定できる場合は、ピアスは難しいでしょう。
ファーストピアスは一度装着すると馴染むまで、日数を要します。
取り外しは、傷を広げているのと同じになるからです。
寝ているときにも圧迫してしまうことにも注意です。