茨城県の国際貨物輸送について

茨城県は東京都の北東側に位置し、太平洋に面しています。
土地が広く、運輸の利便性が高いため昔から輸送産業は盛んでした。
現在は工業団地、研究施設の都市として知られていますが、これらも未だに物流が盛んな要因です。
国内だけでなく、海外との物流も例外ではありません。

茨城県の国際貨物輸送事情

国際貨物輸送とは、航空輸送、海上輸送、陸上輸送などの手段により世界各国に物を運ぶことです。
運輸テクノロジーはもちろんのこと、通関ノウハウも重要になってきます。
航空輸送と海上輸送は陸上輸送とは異なり、空港、港などの施設、またはそれが建設できる環境が必要となります。
茨城は広い土地、太平洋に大きく接しているという地形より運輸に恵まれている環境だと言えます。

茨城県の空の窓口茨城県の海の窓口

対して海の窓口は土地の利を活かして大きく展開しています。
県のホームページでも重要港湾の紹介がされており、茨城では国際貨物輸送が盛んに行われています。
海上貨物輸送の特徴は大量に、また安く物を運べることです。
航空に比べると顕著に大きさや重量の制限を受けません。
輸送に時間がかかることや発着地が限られることがデメリットとなり、着地点からの陸送も考慮した上での時間を計算に入れる必要があります。

・まとめ
もちろん国内輸送に関しても例外ではなく、茨城港大洗港では首都圏と北海道を週12便で結ぶカーフェリー基地があります。
今日も茨城を輸送拠点として全世界に向けて物流が行われています。

京都の運送会社では配送ドライバーを募集中

リモートワークで働き方に疑問を持ったり、コロナ禍で仕事を失った方もいるでしょう。

転職や起業を考えている方に、おすすめの仕事があります。

京都の運送会社で募集している、業務委託の宅配ドライバーです。

巣ごもり需要で通販事業の業績が伸びている現在、それに伴い軽貨物の配送のニーズが高まっています。

宅配ドライバーの仕事

運送関係の仕事の中でも宅配ドライバーは軽貨物運送を行う為、普通免許だけで仕事ができます。

またエリアが限定されている為、長距離・中距離輸送と異なり、長時間運転することはありません。

業務委託という形で就業すれば、自分のペースで仕事をすることも可能です。

沢山受注してガッツリ稼ぐこともできるし、時間を有効的に活用することもできます。

起業したい方にもおすすめ

軽貨物のニーズが高まり、今後の需要も見込めることから、軽貨物運送で起業する人が増えています。

認可もいらず、運輸局に届け出るだけで営業ができるため、企業のハードルは低い業種です。

とはいえ運送業について何もわからず素人のまま起業するのは少し勇気がいります。

運送業界で働きながら起業を目指すのもいいのではないでしょうか。

京都の運送会社では、独立支援のサポートも行っているので、おすすめです。

福岡の運送会社はどういうところがおすすめ?

福岡の運送会社はどんなところがある?

福岡県内には運送会社が数多くあります。
運送会社と一言で言っても、どういった事業を中心にしているのかは会社によってさまざまです。

例えば倉庫業務と一括した事業展開で、貨物の保管から輸送までを行っている会社があります。
福岡には大きい港もあり、コンテナを積んだ貨物船が海外航路で入港することもあります。
そうして運ばれる輸入品や輸出品なども、福岡の倉庫・輸送業には大きく関わっています。

そのほかには、大型トラックやトラクタ、トレーラーなどを保有し、車両の配送や貨物の輸送を請け負う会社もあります。
軽貨物とも呼ばれますが、いわゆる軽トラックで宅配などの個別配送を行う業者もあります。
福岡にはさまざまな運送会社があるため、もし輸送や配送を依頼したいとなった場合には目的に合った会社を選ぶ必要があります。

運送会社を選ぶときに注意したいこと

運送会社を選ぶときには、先ほども紹介したとおり目的に合ったところを選びましょう。
もし個人で依頼したいという場合には、その会社が個人からの仕事も請け負っているのか確認してみる必要があります。
運送会社の中には法人としか取引していないところも多くあります。
この点に関してはまず初めに調べておくと良いでしょう。

依頼する荷の大きさに応じた車両があるかという点も気になります。
大きなトラックで大量の貨物を一度に運べればコストが割安になりますので、配送日をそれほど気にしないのであれば安く依頼できる可能性もあります。

その会社が運送に関する法律を遵守してるかという点も重要なポイントです。
トラックドライバーの事故は大きなニュースにもなりやすく、会社のイメージにも関わります。
とはいえ法律を守っていないことを表立ってホームページなどに明記しているはずがありません。
逆にきちんと法令を遵守しているということや、ドライバーの健康チェックなどについてしっかりと書かれていれば、安心と言えます。

大切な荷物を預けるわけですから、そうした安全面でも信頼できる運送会社を選べると良いでしょう。

江戸川区のルート配送の仕事の内容や効率化・メリットについて

仕事の内容について

江戸川区のルート配送の仕事は、店舗・個人宅・会社に、荷物の集荷や運搬をします。
運ぶ荷物の大きさで、軽トラックを使用したり中型・大型トラックを使用します。
荷物の仕分け作業や、伝票処理も仕事に含まれることもあります。
安全運転のために、業務前にはアルコールチェックを行います。
運転の前には、配送に使う車の点検も必要です。
営業の仕事のように、ノルマと呼ばれるものはないのが特徴です、
取引先に届ける時間帯が決められているので、予定時間に配達することが必要です。
営業時間が決まっている会社は、訪問時間に注意する必要はあります。
運転している時間が長いので、運転が好きな人が向いているでしょう。

効率化するためには

江戸川区のルート配送の仕事は、効率化が可能です。
入社時には、研修で仕事の基本知識を学びます。
荷物の積み方を工夫するのも、仕事を効率化するコツです。
一番最初に配達する荷物を、奥に積んでしまうと手間がかかります。
配達先を考えて荷物を積むことで、スムーズな荷下ろしが可能です。
未経験でも、先輩から教えてもらうことで良い経験になります。
最短ルートや荷物の積み方・ガソリンスタンドを、一緒に回りながら覚えます。
カーナビにすべて頼ると、渋滞や事故があったときにすぐに対応できなくなるでしょう。
経験豊富な先輩に指導してもらうことで、仕事の効率が良くなります。

江戸川区のルート配送のメリット

メリットは、行く場所が決まっているので仕事を覚えるとスムーズに回れます。
毎日同じ道を走るので、ストレスも少ないと言えます。
長距離ドライバーと違って、長時間勤務ではありません。
企業に荷物を届ける場合は、決まった日に休むことが可能です。
仕事中は、基本的には一人なので人間関係の悩みが少ないです。
荷物を届けたときに、お客さんに喜んでもらってうれしいと思うドライバーは多いです。
キャリアアップができるのも、ドライバーのメリットです。
普通運転免許のみを取得している人には、中型・大型の免許所得を支援してくれる会社もあります。
さらに、フォークリフトの免許も支援してくれる会社が話題になっています。