京都といえばネギ!京都の美味しい白ネギを紹介!

歴史ある日本の都市である京都。昔の首都であり、数多くの歴史的建造物が現像しています。
伝統的な舞妓や懐石料理も有名です。
観光地として有名で、世界中の人が訪れ、日本の歴史に触れ合い感銘を受けます。
そんな京都の名産といえば、抹茶や漬物、和菓子などを思い浮かべるのではないでしょうか?
今回は京都の隠れた名産である白ネギについて紹介します。

京都は九条ネギだけじゃない

京都はネギ栽培の歴史がとても古く、約1300年前から栽培をしているという記録があります。
京都のネギといえば青ネギの九条ネギが有名ですが、実は白ネギもとても美味しくておすすめです。
そもそも日本国内でも、関東では白ネギ、関西では青ネギが主流です。
ですので、関西の京都で白ネギに力を入れている農家は数が少なく、珍しいです。
白髪ネギと言われるのは白ネギのことです。

京都の白ネギ事情

関西では青ネギが主流なため、白ネギを名産や特産品として売り出している農家はほとんどありません。
九条ネギを作っている農家も白ネギを押し出しているところはほとんど見かけません。
関東ではラーメンやうどんには白ネギが当たり前ですが、関西ではネギラーメンといえば、どっさりと青ネギが乗っかっているのが普通です。
料理の味付けによって、青ネギの方が合うことも、関西で青ネギが主流な理由の一つかもしれません。

京都には白ネギに力を入れている農家もある!

京都には、九条ネギだけではなく白ネギの栽培に力を入れている農家もあります。
その農家は京都府亀岡市にあり、白ネギをメインに、大根や白菜などを栽培しています。
現在は一つの品種を育てているようですが、今後は栽培面積を広げて新たな品種にも力をいれていくようです。
違い未来、京都の特産品に白ネギが増えるかもしれません。
関西でも冬に鍋をする時は白ネギを使うので、名産、特産品として有名になれば地域の活性化にもつながる壮大なプレジェクトとなっています。

安心・安全なオーガニック野菜を栽培

食の安全にこだわる人たちから注目されているのがオーガニック野菜です。

愛媛県でオーガニック野菜を栽培している会社では、環境に配慮した安心・安全な野菜作りを行っています。

オーガニック野菜とは

オーガニックとは日本語で表すと有機。

化学肥料や農薬に頼らず、自然の恵みで栽培された野菜がオーガニック野菜です。

オーガニック野菜を育てるには、まず土壌を育てなければなりません。

化学肥料を使わずに、動植物由来の有機資材を使用して、栄養価の高い豊かな土壌を作ります。

豊かな土で育ったオーガニック野菜は、味が濃く、野菜本来の美味しさが味わえます。

野菜の天敵病害虫を防ぐには

野菜の生育を妨げる原因の一つに病害虫の存在があります。

昔から農家は病害虫との闘いを繰り広げてきて、頭の痛い問題です。

農薬を使用しないで病害虫から野菜を守るには手間暇がかかります。

高い雑草は病害虫の隠れ蓑となるため雑草の駆除が必要ですが、除草剤をまくわけにはいきません。

マメに除草したり、除草ネットを利用して除草を行います。

害虫を寄せ付けない害虫ネットを張り、ネットの中に害虫を餌とする捕食昆虫を放すことも有益です。

害虫が忌避する有機物でできた虫よけスプレーなども使用されます。

宮崎県のきゅうりの生産量と出荷時期

宮崎県の名産、きゅうりの生産量について

宮崎県は九州の南部に位置し、一年を通して温暖な気候と、日本有数の日照時間・快晴日数に恵まれています。
そのため農作物の生産がさかんな地域です。
宮崎県で収穫される主な農作物としてはピーマンやさといもなどがありますが、中でも特にきゅうりは全国トップの生産量を誇っています。

宮崎県では戦後から傾斜地を利用して、きゅうりのトンネル栽培が行われてきました。
昭和30年代からはそれがビニールハウスへと変わり、現在でも多くの農家がきゅうり栽培を行っています。

生産量は近年では60,000トン前後となっており、同じくきゅうりの生産が盛んな群馬県と毎年日本一を争っています。

宮崎のきゅうりの出荷時期と、その理由について

宮崎県でのきゅうりの出荷時期ですが、ピークは1月頃となっています。
きゅうりというと夏のイメージがありますが、宮崎のきゅうりはあえて寒い時期に全国に出荷をするそうです。

暑い時期にはほかの地域でも多く生産されるため、価格が安くなりがちです。
反面、寒い時期にはきゅうりは育てにくく全国的に不足する傾向があります。
その点気候が温暖な宮崎では低コストでビニールハウス栽培を行うことができ、寒い冬に多く出荷することで安定した価格で販売することができます。

きゅうりの美味しい食べ方は?おすすめの調理方法

きゅうりの調理法はさまざまありますが、やはり新鮮なうちに生で食べるのが一番良いでしょう。
おすすめの調理法としてはきゅうりを乱切りにして、ごま油、ごま、鶏がらスープの素と一緒にビニール袋に入れて揉む、というものです。
きゅうりは手で割ることもできますので、これなら包丁もまな板も汚さずに一品できます。
ナムル風の味付けはお酒のおつまみにもなりますし、子供も食べやすい野菜のおかずと言えます。

生食以外では、魚介類などと中華風の味付けで炒めるのもおすすめです。
ちくわにきゅうりを入れて焼くレシピなども、お弁当の定番ですね。