コピー機の見積もりのポイント - コピー機の相場ネット

Home » コピー機の相場 » コピー機の見積もりのポイント

コピー機の見積もりのポイント

コピー機を導入する前には、実際に導入していくらかかるのか、その見積もりをもらうのが一般的です。
このときに知っておきたいポイントをいくつかご紹介しましょう。
まずしっかり確認したいのが、そのコピー機リースの導入にかかる相場費用です。
購入なら購入価格、リースならリース価格と、そのコピー機を導入すること自体にかかる費用が必ずありますから、それを確認してください。

このときに注意したいのは、事前に聞いていた価格と一致しているかどうか、そして相場と大きく食い違う値段でないかどうかです。
見積もりをもらう前、ある程度大まかな数字だとしても、そのコピー機の導入にかかる費用は聞いていることが多いと思います。
実際に正確な見積もりをもらったとき、そこに書いてある数字が正確な価格となりますから、改めて確認してください。
一致していれば問題はありませんが、少し数字が変わっていた場合、それで問題がないか、改めて確認が必要です。
そしてその値段がコピー機の価格からいって妥当なものかどうかも、改めて確認してください。

次に、それらコピー機の保守点検にかかる費用も、見積もりには載っています。
保守点検とはそのコピー機のトナー交換やその他の日常的なメンテナンス、故障時の修理などを定める契約のことです。
コピー機を導入するとき、この保守点検もセットで契約するのが一般的で、それにかかる費用がいくらかは、見積もりのときにはっきりします。

多くの場合はカウンター料金といい、そのコピー機で1枚紙を印刷するごとに料金が発生する形式となっています。
これの単価がいくらかをチェックしてください。
もしその形式でなければ、メンテナンス費用を含んだ専用トナーをその都度購入する形式もあります。
こちらの場合は、そのトナーの価格がメンテナンスの費用となりますから、これが妥当な価格かチェックしてください。

これらが見積もりのときにチェックしたいポイントです。
この内容の正確さや、わかりやすさもコピー機選びの重要なポイントです。
まだこの段階では正式な導入契約は決まっていませんから、見積もりを見て条件と合わないようなら、また別のコピー機の見積もりをもらって検討するといいです。

コピー機の相場