コピー機はリースと購入のどっちがいい? - コピー機の相場ネット

Home » コピー機の相場 » コピー機はリースと購入のどっちがいい?

コピー機はリースと購入のどっちがいい?

コピー機はリースか現金購入か選べるのですが、どっちがいいのか迷いますよね。
ちなみにリースとは、コピー機を借りる契約のことです。
コピー機はオフィスにとって必須の備品ですから、自分のものにならないリースよりも、購入の方がいいと思うかもしれません。
しかし実際には、コピー機はリースで導入される場合が多いです。
どっちがいいのか迷ったら、まずはリースでの導入を考えるといいでしょう。

そのわけは、リースには購入にはない多くの利点があるからです。
まずは導入にかかる初期費用を抑えられることです。
コピー機は高いものだと100万円を超えることもある高価な備品ですが、これを購入しようと思えば、それ相応の初期費用が必要です。
一括で購入するなら、それこそ100万円以上の費用がないと、導入が難しくなります。
これがリースなら、必要なのは月々の使用料ですし、契約期間のすべての使用料を合計しても、新品価格以下に抑えられることも多いです。

このように価格を抑えられるうえ、リースで借りても購入しても、実際に使えるコピー機に違いはありません。
オフィスの好きな位置に設置できますし、1日の使用量にも制限はなく、必要なとき、必要なだけ使えます。
使用方法には特に制限も違和感もありませんから、それで料金を抑えられるリースには大きなメリットがあります。

さらに、リースにすると導入にかかる手間が軽くなります。
オフィスの備品として購入したものはきちんと会計処理をする必要がありますが、コピー機は100万円以上する高価な機種となるのが基本です。
このような高価な備品は固定資産という特殊な扱いになり、会計での処理に注意が必要なのですが、リースならこのような手間はありません。
月々の使用料という形で、毎月の電気代や水道代のように、簡単に処理ができます。

このようにリースには多くのメリットがある上、新品のコピー機になるとリースでしか利用できない場合もあるため、コピー機はリースで導入される例が多いのです。
購入とリースのどっちにするか迷ったら、とりあえず一度リースを利用することをおすすめします。

コピー機の相場