コピー機の相場 - コピー機の相場ネット

Home » コピー機の相場 » コピー機の相場

コピー機の相場

コピー機のリース価格の相場はいくらでしょうか?
モノクロ印刷とカラー印刷によって相場も変わり、モノクロの場合は70〜300万円程度、カラーの場合は100〜400万円程度になります。
家電量販店などで購入できる、家庭向けのコピー機に比べると、値段が桁違いですね。
その理由は、これらコピー機が業務用の大型OA機器になるからです。

コピー機はコンビニなどにもありますが、あれらは一般家庭で購入するような小型の機械ではなく、会社のオフィスなどで使われる大型コピー機になりますよね。
それだけに印刷できる枚数が一般家庭用よりも多く、印刷速度も速いのが特徴です。
トナーの持ちもよく、大量印刷に向いています。

業務用のコピー機はこのようなものとなり、不特定多数の人が毎日のように使う用途にも向いていますが、それだけに相場も高くなります。
100万円以下で購入できるのは、モノクロ印刷のみのコピー機のうち、特に値段の安いものだけです。
カラー印刷機能をつけたり、最安値に近い値段のものを選ばなかったりすると、最低でも100万円は超えることが多いです。
相場の目安として覚えておくといいでしょう。

ところで相場となる値段にもかなりの差がありますが、安いものと高いものとでは何が違うのでしょうか?
傾向として、高いコピー機の方が性能が高く、高頻度の使用にも向いています。
特に使い始めるとよくわかるのは、印刷速度です。
これら業務用コピー機では数十枚単位でコピーすることも多いでしょうが、このときの印刷速度は機種によって違います。

価格が高く、性能がいいコピー機ほど印刷も早くなり、大量のコピーも短時間で終わります。
これの利点は印刷待ちのストレスが減るだけではありません。
不特定多数の大人数が大量のコピーをするときでも、処理能力が早いため、全員のコピーを次々とこなせます。
処理速度がやや遅い場合、一人一人のコピーがなかなか終わらないため、待ち時間も長くなり、1か月にコピーできる総枚数も少なくなります。
どのコピー機も一般家庭用のものよりは高価ですが、その中でも価格が高いほど性能もよくなることは覚えておくといいでしょう。

コピー機の相場